メンタルヘルスサポート契約

厚生労働働省4つのケアのうち、事業外資源によるケアとしての位置づけにて活用

「メンタルヘルスサポート契約」のご案内

「メンタルヘルスサポート契約」のご案内
「京都こころとからだの相談室」

「京都こころとからだの相談室」の利用をはじめ、
ご予算に応じて様々なサポートを受けていただけます。
是非この機会に、ご検討ください。
「京都こころとからだの相談室」は、完全予約制です。
社外で専門職と面談する機会は、今後の御社のメンタルヘルス体制の大切な柱になります。

企業様メリット

メンタルヘルスについて相談できる機関ができる。

厚生労働省の4つのケアのうち推奨している「事業外資源との連携」が可能になる。

産業医さんが、メンタルの専門家でない場合も、対応することができる。

ストレスチェック後の対応ついて、就業措置を含め、相談することができる。

高ストレス者に対応してもらえる。

従業員が安心して相談できる機会や場所ができる。

休職している社員の復職相談が会社としてできる。「定期訪問」

ラインケアとしての主治医訪問に、同行してくれる。「臨時訪問」

急なメンタル対応介入が必要な際に、サポートしてくれる。「臨時訪問」

上司が電話で、部下への対応方法についてアドバイスをもらうことができる。「電話相談」

採用時、「メンタルサポート体制が整っている。」とアピールすることができる。

「京都こころとからだの相談室」について、利用実績の報告をもらえるので、社員の状況や
傾向を理解するためのデーターを得ることができる。
 <ただし、本人の同意がない限り、相談内容の報告はなし>

利用実績に対して支払う形式なので、リーズナブルである。
シンプルプラン1万円/月・スタンダードプラン3万円/月・プレミアプラン5万円/月

弊社サービスでは、「メール相談」と「従業員様からの直接の電話相談」はございません。メンタルヘルス対応ですので「面談」というフェイスtoフェイスにこだわります。メールや電話の方が、使いやすくタイムリーだというご意見もございますが、弊社はあくまで「面談」でサポートします。