当社独自のストレスチェック

ストレスチェック実施前

事業者による方針表明・衛生委員会審議・労働者への説明情報提供
産業医さんとのスムーズな連携のためのサポートをいたします。
※ ご希望があれば、書類作成から衛生委員会への説明、従業員さんへの説明など、全面的にお手伝いいたします。

ストレスチェック実施

ストレスチェックの実際
使用問診票
実施事務者も当社社員が担当いたします。厚生労働省推奨の57項目を使用いたします。
結果報告方法
  • 1.ストレスプロフィール(レーダーチャート)
    図形ストレスを表示します。
  • 2.評価結果(点数)
    ストレス要因項目・心身のストレス反応項目・周囲のサポート項目について点数化します。
  • 3.あなたのストレス程度についてのコメント
    ストレス程度について状態をお知らせします。
  • 4.ストレスに対してのセルフコントロールアドバイス
    セルフケアのためのアドバイス等をおこないます。
※ レーダーチャート(イメージ図)
レーダーチャート(イメージ図)
※ 実施事務者
配布・回収・結果入力および通知は、当社社員が行います。企業様には、実施事務者にあたらない内容での対応をお願いすることがございます。
  • 高ストレス者に対して
    面接指導のご案内とともに事業者への通知についての 同意書も同封いたします。
  • 高ストレス者以外の方について
    ストレス対処方法などの情報提供をいたします。
「ストレスチェックの見方」研修の実施
ストレスチェック受検者さま全体に対して、ストレスチェック結果について理解を深める研修を実施することも可能です。
面接指導・集団分析についてのサービス

面接指導についてのサービス

高ストレス者の面接実施
産業医さんとの面接指導に同席し、面接・意見聴取についてサポートします。
必要に応じで就業上の措置の実施
企業様のご要望に応じ、対応いたします。
面接指導対象者で同意しなかった方について面接指導の『再』勧奨
「高ストレス者」のプライバシー保護のため、社員全員の方に、個別の封印封筒を作成します。  
  • 高ストレス者に対して
    同意書と面接指導をお勧めする文章を配布します。
  • 高ストレス者以外の方について
    「睡眠」「リラクゼーション」などセルフケアに関する情報提供をいたします。

集団分析についてのサービス

ストレスチェック結果をもとに、企業様全体を母体とする集団分析について実施し結果を提供いたします。
※「所属単位」「部署単位」での集団分析も承りますが、オプション扱いとなり別途費用が発生いたします。
「職業性ストレス簡易調査票」に基づく「仕事のストレス判定図」による集団分析例
面接指導の対象にならない人へのオプションサービス

面接指導の対象にならない人へのオプションサービス

「高ストレス」と診断されたものの面接を希望されなかった方 … A
  • 会社に高ストレスと知られるのがいやである。
  • 自分で精神科クリニックなど受診をしており、面接が不要である。
  • 自分自身では高ストレスの自覚がなく、面接の必要性を感じていない。
ストレスチェックでは面接指導と診断されなかったが、ストレスを抱えている方 … B
  • ストレスチェックには現れなかったが、ストレスを抱えている。
  • 自分は大丈夫であるが、家族に心配な人がいる。
  • なんとなく不安がある。
▼
当社は、Aの方に限らず、Bのような方を含む、どなたでも利用できる「こころの相談窓口」の開設をお勧めします。どなたでもご利用できる相談窓口をお手伝いいたします。
  • 企業様内に産業保健スタッフが在籍されている場合は、「メンタルヘルス」に特化した「こころの健康相談」お勧めします。
  • 産業保健スタッフの在籍していない企業様には「こころと体の健康相談」の設置をお勧めします。
  • 管理監督者さんが、部下の方の状態の相談や対応方法などを相談する「ラインケア窓口」の設置をお勧めします。
▼
企業様のご希望に応じで窓口のレイアウトは可能です。
例)週に1回2時間の開設、2週間に1回2時間開設、月に1回2時間開設、産業医の出勤日に合わせて開設
お勧めするのは「面談」です。